インテリアfoamirana桜の形で興味深い装飾が自分の手にかなり可能であることを確認してくださいインテリアfoamirana桜の形で興味深い飾りを作り、あなたのrukamiOstrovnaya日本は常に、その独特の美学と、元の哲学そのユニークな文化の大陸の住民に興味深いされているかなり可能です。週シンプルな日本の桜のためのときに咲く - 桜、それは国の住民のための祝日となります。日本人は彼らの桜を愛し、彼らのためにそれは世界の最も美しい花です。日本は開花サクランボ、月の美しさを眺め時間を過ごすことができます。このすべてのために - それらのためのロマンス、 - 国家の特色。あなたはこの中にヘルプの日本語、多分桜foamiranaように感じるようにしたいです。

ヒント:自宅でfoamiranaからさくらを作成する方法

それぞれの力に美しい、小さなピンク、花で日本の国家のシンボルを再作成します。事実上すべての家に必要なもの、必要なフォームを受信して​​格納するために約10%の小さなストレッチの能力、十分な材料で最も重要な違いを作るために使用されるfoamiran、装飾的な合成材料を、購入する必要があります唯一の事があります。

あなたは桜の装飾花を作り始める前に、所望の色foamiranの事前に準備されなければなりませんあなたは桜の装飾花を作り始める前に、所望の色foamiranの事前に準備されなければなりません

、事前に準備するのに十分な開始するには:

  • 彼らのためにキャップを有するビーズ。
  • 装飾的な開口部を備えたパンチ。
  • 装飾的なワイヤー;
  • 鉛筆;
  • ペイント;
  • ブラシ;
  • 杖;
  • Teipグリーンテープ。
  • ピンクfoamiran;
  • 縫い針。
  • ミシン糸。
  • シロ;
  • アイアン。

あなたは白、foamiranaピンクの不存在下で行うことができ、所望の色に材料を塗り替え。

人間の手の十分な熱が所望の形状を変更し、保存することfoamiranaの種類があります。

針仕事の特性のための快適のようなものについては、「ゴム紙を。」の愛称foamiran

foamiranaからさくらのテンプレート:ホームオフィス

裁縫用手元に必要なすべてのコンポーネントがある場合は、最初の花びらやがく片のために必要なテンプレートを作成するに進みます。

きちんと判明桜の花びらに、事前に特別なパターンを準備する必要がありますきちんと判明桜の花びらに、事前に特別なパターンを準備する必要があります

テンプレートの製造において必要とされます。

  • 装飾穴パンチ。
  • はさみ;
  • 段ボールまたは類似の材料。

飾り穴パンチの存在下で、花びらはそれで収穫をテンプレート。美しく豊かな判明小枝するには、花がたくさん必要になります。それ以外の場合は、必要な詳細段ボールにトレーサブル、花びらやがく片の将来のサイズを指定します。 2つのサイズの花の枝に使用される場合、例えば、優れた製品が得られ、そのような寸法の2滴と段ボールを示す:. 2,5h2 cmの段ボール、5×5センチメートル、3×3センチメートルに、直接萼片を描く1,5h1,2 CMエッジ中心からシートの角部における葉の両端。あなたが必要とする部分を切り出し、既製のテンプレートを取得します。

上記の項目のためのより多くの天然産物、自然な外観を与える、異なるサイズの類似したパターンを作製することができます。

精密なディテールを必要とする骨の折れる、詳細な作業、色のサプリメント雄しべ、葉や茎 - 桜中規模の花、彼らのパフォーマンスそう。

自分の手の美しい桜のfoamirana

さらに、製造プロセスに直接進むテンプレート関連部品の必要数を準備します。花より自然な外観、ブラシを作るために、湿らせた布は、濃いピンクの塗料の真ん中に置きます。各小花将来の桜の鉄が約2秒間加熱しました。加熱、圧縮された花は、プラスチックになると、それは少し手が目的の外観を与えて、エッジをタッチアップのまま。 、中指をクリックして、鉄スポンジタブからシフト花の準備ができて、分修正:あなたはこれらの目的は、通常のスポンジを使用することができるため。

花を加熱するため、鉄は「デュース」または「ウール」の上に置かなければなりません。

foamiranaからの美しい桜が内部のための素晴らしい装飾的な飾りになりますfoamiranaからの美しい桜が内部のための素晴らしい装飾的な飾りになります

それぞれの花で一連の操作を行って、私たちは日本の桜の花びらの必要数を取得します。さらに、千枚通しを持つすべての製品の真ん中に2つの穴を作ります。結果の穴が3にそれぞれの花を引っ張る既存のトリムワイヤーをご紹介します。記憶に残るには、ワイヤーとビーズで作られた雄しべを挿入することによって、それらを飾ります。最後に、ベースの花の下でteip飼料を確保し、すべての装飾的なワイヤーをロールバックします。これらの枝から、グリーンテープのさまざまなレベルでそれらを一緒に固める、組成物を構成します。

作成時に得られた花序を使用することもできます。

  • 花束。
  • 絵画;
  • ホープス。

現実と大きな自然との類似性を付与するため、自然な色を選択することが望ましい:白とピンクの色の異なる色合いを使用して。同じ目的で、代わりにシンプルなフラットスティックの、あなたは本物の木の斑点を取ることができます。桜の花を行うことを学び、その後、あなたがヘアバンドやオリジナルブローチを作り、お部屋やオフィスのインテリアを飾るためにそれらを使用して、彼らと驚異を行うことができます。

foamiranaからホームさくら:作成のマスタークラス

桜のfoamiranaの自分の手の花を作成する結果としての能力は、体積絵画の作成に使用することができます。体積絵画の創造のために自身が調達している花は、物事のかなりが必要な場合。

あなたは興味深いマスタークラスから次のことができ、自宅でfoamiranaからさくらを作成する方法についての詳細を学ぶことができますあなたは興味深いマスタークラスから次のことができ、自宅でfoamiranaからさくらを作成する方法についての詳細を学ぶことができます

それを見つけることは十分でしょう。

  • アクリル;
  • PVA接着剤;
  • グルーガン。
  • 額縁ベース所望のサイズ。
  • 4枚のホワイトペーパーナプキン。

富士山、和風の小さな建物 - スケッチ収穫構図に基づいて、日本の鉛筆シンボルを作成します。私たちは希望の背景画像を思い付く、任意のマスターは彼の想像力の最大値を示すことができます。例えば、天青のカバー画像の上部は、明るい色に中間行う、基部の下部が十分に乾燥絵画山塗料及び構成を迫った後、暗青色の背景で作ることができます。

枝のシルエットを描き、絵の大きさに一致する別の紙には、2-3は十分でしょう。ナプキンの破れた部分にバルク化のために、より良い含浸のための接着剤PVAを適用します。ナプキンは、きちんと塗ら枝の輪郭に貼り付け、および乾燥に時間を与えます。注意して乾燥させた後、ゆっくりと絵、自分の調色茶色に基づいて、それらを貼り付けた紙の枝を分離。左側にはfoamiranaの桜を追加すると、マスターは彼自身の手で作成された絵画を楽しむことができます。

フィルムに特別な魅力を与えるために、富士山の画像で発光塗料を使用することが可能です。

foamiranaさくらの生産(ビデオ)

マスタークラスを行うことができるさくらfoamiranaから自分の手をやることを学び、そしてあなたが彼の芸術を知っているお友達、家族、人々を示しています。東のこの技術と神秘的で魅惑的にそれらを近づけます。日本人は桜が、この美しさを決して忘れないだろうか見る機会があった人、と言います。たぶんfoamiranaの彼女の人工開花を見て、誰かが本物の桜を見たいです。

foamiranaさくら(写真)の例

0b66faee43df1c2fc2fe809f5ac0e335af9bw  -  ukrasheniya-zakolka-さくらukrasheniya-IZ-foamirana64fbc02a5d3274a81fd2125c3b95fab6a20eccc72dcd70ac6cafae50c0d494d6f70d126da7ea6af4b05f67de4300l  -  ukrasheniya-vetka-tsvetov-IZ-FOMA-NA-zakolke455a54c39afab240b1d8701b0d18  -  ukrasheniya-vetka-tsvetov-IZ-FOMA-NA-zakolke86886f8df71edf0d36a44836022d2348150501153758