はしごは、快適で安全なはず - デザインは、主なものは、すべての要件を満たす必要がありますはしご快適であるべきで、bezopasnoySegodnyaプライベートカントリーハウスは、主に二、三階に組み込まれている - デザインは、主なものは、すべての要件を満たす必要があります。そして、上の階に行くために、あなたははしごを必要としています。 interfloorはしごを作ることは、特別な知識や技能を必要とし、容易な作業ではありません。必要なのはただの階段ではなく、設計その意志と美しく、耐久性、そして安全。このラダーはかなり長い間持続します。

図面や構造の種類:あなた自身の手木製の階段を作ります

多くの場合、木で作られた階段上の国の住宅やコテージインチ木材は環境に優しく、したがって、建物の中に広く分布しています。使用される金属、コンクリート、プレキシガラス、セラミック、及びそれらの可能な組合せとして。

あなた自身の手木製の階段を作り、あなたが開発する図面は、特定のスキルが必要です。

多くの種類や木製の階段のバリエーションがあり、それぞれが独自の特徴を持っています。だから、それは考慮に階段が設置されるスペースをとり、それが制限されたり十分かもしれません。 

階段は、同様に構造が壁又は部屋のちょうど中央付近に配置することができるように、直鎖状または旋回することができます階段は、同様に構造が壁又は部屋のちょうど中央付近に配置することができるように、直鎖状または旋回することができます

アーキテクチャに存在してはしごの種類:

  • おそらく最も一般的なタイプをFLOATING、彼らは人生1または2に遷移することができます。
  • 階段 - このバージョンは、スペースが限られている場合に便利です。
  • 組み合わせた階段 - 彼らははしごの2種類以上で構成されています。

あなたは、どちらか一方のラダーを選択する前に、あなたは自分の能力を評価する必要があります。それはしかし、高品質で信頼性の高い素材の、シンプルなストレートはしごを選択し始めるのがベストです。役割は、再構成した後、階段は家の半分以上を服用しないと自宅でスペースがあります。これは、独自のスキームが必要です。あなたは最初の測定及び計算をしなければなりません。そしてまた、自分で梯子の製造のために、あなたは適切なツール、木材や木材での作業の経験を持っている必要があります。

木製のはしごにする方法:行進種を描きます

手がらせん状またはスパイラルよりも階段をマウントして、それははるかに簡単です。これは、二階につながるステップがあり、単純なストレートはしご、です。この場合は、工程数が10を超えてはならない、ラダー分離パッドとの間に配置されました。 odnomarshevaya、半ペース、またはtrehmarshevayaのmnogomarshevaya:それは生活することができます。このラダーは、家の中で大きなスペースを占めています。スペース製品を保存するにはロータリー式を構築します。彼らは、90度と1/4回転と呼ばれる回転角度、又は180度回転poluoborotnymiであってもよいです。

木製のはしご、それに描画し、プロジェクトを作成するには?これは、ステップ数、行進、ほとんどの階段を計算有能を必要とし、そのスペースを占有している質問です。以前のデザインや階段の照明を考えることも必要です。

あなたが設計寸法のすべてを知っている必要がありますので、クリーンビルドの階段を行う描画せず、可能ではない:傾斜角、幅、製品の高さや段数あなたが設計寸法のすべてを知っている必要がありますので、クリーンビルドの階段を行う描画せず、可能ではない:傾斜角、幅、製品の高さや段数

このすべては、ツールの操作のためのあなたのはしごや必要になり、そこから物質の存在下で行うことができます。しかし、最も重要な - それはあなたの梯子がどうなるかの詳細です。

階段を構成する主な要素:

  • ステップ;
  • ライザー;
  • Kosourまたは文字列。
  • 手すり;
  • 手すり子;
  • ファスナー。

あなたは適切に文字列とkosouraの長さを計算する必要があります。 Kosour又は文字列は - ステージを搭載した光を、支持傾斜しています。

オンライン計算機の助けを借りて、木製の階段の計算

すべての家はそのアーキテクチャ、サイズ、レイアウトの互いに異なっています。したがって、すべての住宅のための単一のテンプレートにすることはできません。

木製で階段の計算は、あなたが必要な寸法図を作ることができる一緒に組み合わせて、いくつかの段階で構成されています。各ラダーのための計画は、個別に行われています。

オンライン計算機 - 確実な計算はしごを作る、あなたはユニークなプログラムを使用することができます。このプログラムは、入力されたデータを処理し、任意のラダープロジェクトとその3D DWGモデルを提供することができます。はしごに使用する、快適で美しく、実用的だった、とも怪我の原因とされていない、基本的な基準や規制を遵守する必要があります。

オンライン計算機を使用して、図面を得ることができ、そしてそれを - 階段の建設に必要な材料の正確な量をオンライン計算機を使用して、図面を得ることができ、そしてそれを - 階段の建設に必要な材料の正確な量を

計算の主なパラメータ:

  • 段数は3〜16であるべきであり、それが奇数の寿命を有します。
  • ステップの高さ - 12から20センチメートルに、幅 - 23〜25センチメートル。;。
  • 階段の傾斜が30 - 35度、45度まで上昇させることができます。
  • 手すりの高さは。90センチメートル未満であってはならないこと、そして、あなたが子供を持っている場合、我々は150センチメートルの高さを増やすことができます。

多くの所有者は、自分の手、それは彼らの味にしたところにはしごを構築したい、そして安全でした。そして、貴重な時間を無駄にせずにそれを行います。これを行うには、このようなプログラムは、計算機として、があります。 

一階に木製の階段を描くの開発

あなたの手で木製のはしごの描画を作る - それは最も合理的な解決策の一つです。ラダーは、その上を歩いために、様々なアイテムの転送に使用する必要があります。そして、この設計のための快適性と耐久性を高めるために。

木製梯子の2階図面は階段のパラメータを定義することによって行うことができます。それは、あなたが二階に通じる階段に割り当てることができますスペースです。

大幅に階段の建設で作業を容易にし、失策は、図面の存在を許す作ることではありません大幅に階段の建設で作業を容易にし、失策は、図面の存在を許す作ることではありません

その後のセクションでラダー図を描きます。この図によれば、上部および下部ステージの位置。

図面上に注意すべき主なもの:

  • 傾斜の角度。
  • 上段スラブと床までの距離。
  • 開口部の大きさ。
  • すべてのオプションと手順の数。
  • ナンバー行進とパッドのサイズを挟ん。

彼の手で木の階段の計算(動画)

二階につながるラダー図を、開発し、それは家の起草とレイアウトと一緒に、必要です。次に、あなたの階段は完全に建物の内部に収まるよう、必要なすべての安全要件を満たしています。