ロール型カーテンは取り付けおよび制御システムの異なる機構を有しますロールタイプのカーテンは、ロシアのカーテンは、年々人気が高まっているupravleniyaRulonnye取り付け、システムのための異なるメカニズムを持っています。彼らは広くオフィス、住宅地で使用されています。ブラインドは、布の異なる種類からなる、異なる形状を有し、そして、買い手の好みに応じて、異なる光透過率を有します。他はほぼ完全に部屋を暗くしながら、いくつかの少しだけ、日光をミュート。そしてまた、アクションの手動および機械的な原則にカーテンがあります。便利カーテンを調整する能力 - その動作の重要な側面なので、あなたがメカニズムについての詳細を学ぶ必要があります。

ローラーブラインドのためのメカニズム

ブラインドは、開閉作業システムとすることができます。

オープンシステム

このシステムは、建設、修理やメンテナンスが簡単です。

オープンカーテンの制御システムは、次の要素で構成されています。

  • シャフト, 窓または上側面に2つのホルダと直接結合しています。
  • 布, それは軸に巻かれた、ブラインドそのものです。
  • 木舞, 窓開口部の周囲に均等に布を置くことを意図しているカーテンの底部に位置します。

客室内に所望の光レベルを調整するには、必要なブラインドやロックをプルダウンする必要があります。

ブラインドオープンシステムをインストールすると、閉じた状態よりも安いですブラインドオープンシステムをインストールすると、閉じた状態よりも安いです

クローズドシステム

オープンブラインドシステムの基本的な構成要素に加えて、クローズドボックスシステムに使用されます。彼は自身の下メカニズムのすべての要素を隠します。管路は、さらに、それをロック、変形システムを防ぎます。このように、システムが垂れていないとずっと長く続くことができます。窓枠又は開口取り付けレールの両側に、それによってカーテンと窓との間の隙間をなくします。必要であれば、この機能は完全なブラックアウト機能を提供します。

クローズドシステムを有する変異体は、前のものよりも信頼性が高く、実用的であると考えられます。

ブラインド(ビデオ)を選択する方法

タイプのメカニズム

調整周囲光レベルは、システムが機構を有しているかどうかに応じて、いくつかの方法で製造されます。

タイプは、メカニズムをブラインド:

  1. チェーンケーブル - 基本的な要素のカーテン調整。これは、ティッシュウェブの両側に配置することができます。それは任意の高さで可能であるカーテンのレベルを固定してください。これを行うには、単にコードを引っ張ると、それが必要とされる場所を停止する必要があります。生地は、棚の誤った側に巻かれています。
  2. スプリング機構 制御ブラインド。右のレベルで固定カーテンは、ティッシュウェブの底からやペンが取り付けられている特殊なボールを使用して、手作業で作られています。カーテン、プルダウン、右のレベルでロックします。このタスクは、ロック機構によって行われます。初期位置にブラインドを戻すために、システムのロックを解除することは非常に簡単です。これを行うには、あなたは少しダウンカーテンを引き、その後、持ち上げする必要があります。
  3. 電子制御システム。 カーテンは、ドライブを使用して制御されています。手動操作のためにカーテンの到達不能のために困難である場合、基本的には、この方法が使用されます。例えば、機構は、天井の高マウントされています。

チェーン・コードを持つ最もシンプルなデザインは長く、ほとんどない摩耗です。

カーテンロールタイプを使用すると、周囲光の度合いを調整することができますカーテンロールタイプを使用すると、周囲光の度合いを調整することができます

閉鎖装置とのブラインドはより慎重に見て閉鎖装置とのブラインドはより慎重に見て

ブラインドを取り付け特長

ローラーブラインドメカニズムは、一つの重要な際立った特徴を持っています。このメカニズムの仕事は完全に沈黙しなければならないこと。機構の動作中に、いくつかの音の出現は何の問題が発生したことを示すかもしれません。おそらくメカニズムが正しく組み立てやインストールされました。

カーテンの生産は常に進化して、追加の機能を備えたブラインドのための興味深いオプションがあります。例えば、ボックスは、ティッシュウェブと同時に移動する傾向があるとすることができます。したがって、システムは、2つの方法で調整プロパティを取得します。

ローラーブラインドの調整機構は、表示または非表示とすることができますローラーブラインドの調整機構は、表示または非表示とすることができます

とても構造が一時的に使用するために必要なことが起こります。例えば、夏のシーズン中に国を設定します。この場合、ストリップは両面テープに取り付けられています。必要に応じて、輸送システムは、その解体のいずれかの問題がありません。

メリットとデメリット

ブラインドの使用は、その利点と欠点があります。

  • 任意の高さにカーテンを調整する能力は、あなたが、照明の必要なレベルを設定することができます。
  • カーテンのこの種のは、すべての通常のtyulyamiやカーテン、部屋のデザインを損なうことを恐れていないと組み合わせて使用​​することができます。
  • 搾取の世話をするのは簡単残留ブラインド。
  • さらにカーテンの所望の特性を与える様々な市販の含浸。

ばね機構ローラブラインド(ビデオ)

ブラインドやシステムの調整の選択は非常に多様です。部屋のタイプに応じて、所望の品質と個人的な好みは、ブラインドは、最も要求の厳しい顧客を選択することができます。