フルダイニングルームを備えたキッチンには、非常に快適で居心地の良いお部屋ですフルダイニングルームを備えてキッチンには、ダイニングルームを分離することが可能であるときpomescheniemKuhnyaは快適さと便利さを見つけ、非常に快適で居心地の良いです。実際には、ダイニングルーム - 家族の食事であるの後ろにテーブルと椅子の形でそれが唯一の家具。時にはそれは、独立したダイニングルームもあります。しかし、理由のいくつかの理由は、これらの二つの部屋を組み合わせることはまだ良いがあります。これは、あなたがこの記事から学びます。

クリエイティブインテリアデザインプロジェクト

専門家は、主要ないくつかの識別します キッチンの設計オプション - ダイニングルーム:

  • 二つの部屋を組み合わせます。このプロジェクトは、最も一般的です。
  • ゾーニング。
  • 別の部屋で食事。

キッチン・ダイニングオプションを設計するための最も一般的なものが組み合わされますキッチン・ダイニングオプションを設計するための最も一般的なものが組み合わされます

キッチン・ダイニングルーム、オープンリビングルーム

このプロジェクトは、リビングルームとキッチン、ダイニングルームであなたがゲストを受信するための快適なお部屋を修復することができます。ときに内部のレイアウトは、すべてのゾーンのスタイルで組み合わせなければならないことに注意してください。同時に、彼らは区別する必要があります。

ゾーニング

ゾーニングは、キッチンからダイニングルームを分離するために必要です。 適切な修理を行うために、次のことが必要です。

  • バーエリアの境界に設定します。
  • キッチンは最高の床の敷物を持っている必要があります。
  • お互いに完全に行くだろう、このような色の色を選択します。
  • すべての必要な家具をピックアップ。

バーカウンターは、従来の台所のテーブルに大きな選択肢を提供します。しかし、部屋は大きく、きれいなテーブルには何にでもある場合。

ダイニングルームは、半透明の壁を保護し、別の部屋に配置することができダイニングルームは、半透明の壁を保護し、別の部屋に配置することができバーカウンター、床、柱は、リビングルームにゾーニングキッチンとダイニングルームに貢献しますバーカウンター、床、柱は、リビングルームにゾーニングキッチンとダイニングルームに貢献します

ゾーニング これは、2つの方法で行うことができます。

  • 照明を使用しました。作業領域にライトをハングアップすることをお勧めします。例えば、壁のキャビネットでそれらをマウントします。
  • 設定してステップ。したがって、ゾーニングは標高を介して起こります。

ダイニングルーム、キッチン

このプロジェクトは、意味します 以下の要件は次のとおりです。

  • 装飾材料は、耐湿性と実用的であるべきです。
  • ダイニングルームのデザインは、住宅地で使用されているシンプルな材料で構成することができます。
  • 両方のゾーンでの照明が異なっています。

キッチン・ダイニングルームを仕上げるための材料は、実用的かつ耐湿性であるべきキッチン・ダイニングルームを仕上げるための材料は、実用的かつ耐湿性であるべき

小さな建物のキッチン・ダイニングルーム。レイアウト

キッチン付きの素晴らしいデザインのダイニングルームを作るために小さな部屋からは、ただ喜んですると、特定のガイドラインに従う必要があります。唯一のマイナスは - この部屋にデザインのいくつかの制限があります。

キッチンとダイニングエリアは、独自のヘッドセットを購入するか確認する必要があります。ダイニングテーブルの下に残っているスペースによって決定されます。壁には、あなたはプラズマテレビがハングアップする場合。

デザイン:基本的なヒント

キッチンとダイニングルームが同じ部屋にいる場合は、それのための右のインテリアと家具を選択することが必要です。

ダイニングは、光でなければなりません。最適なフランス窓。これらは、床から天井に設置されています。彼らは、調和のとれたスタイリッシュなブラインドやカーテンエアを見ていきます。

壁画の上にハングアップし、床背の高い花瓶の上に置きます。インテリアデザインはすぐに形質転換しました。寒い場所では、暖かさと快適さを提供して暖炉でなければなりません。小さな化粧品の修理に害を与えません。

キッチン・ダイニングルームのデザイン(ビデオ)

レイアウトとオプション

計画は、 オプションなど施設:

  • 2行。 このような修理はループスルーキッチン設備に適しています。それはあなたが不足の美徳を行うことができます。
  • L字型。 作業領域は隅にあります。したがって、そのメンバーのいずれかのすべての側面からのアクセスを提供します。
  • リニア。 他の - キッチンセットは片側とダイニングテーブルの上に設置されています。
  • 島。 このレイアウトは壮大なインテリアを作成するのに最も適しています。ここでは、創造的なアプローチを適用することができます。
  • U字型。 大きな部屋で使用します。キッチンセットは3自由の壁に沿って配置することができます。
  • G字形。 キッチンセットは壁内の空き領域の周囲に配置されます。

キッチンは彼女のダイニングルームに配置することが小さすぎると、リビングルームと組み合わせることができますキッチンは彼女のダイニングルームに配置することが小さすぎると、リビングルームと組み合わせることができます家具の二列配置はバルコニーにアクセスして、キッチン、ダイニングルームに最適です家具の二列配置はバルコニーにアクセスして、キッチン、ダイニングルームに最適です

家具、機器や彼らの選択のアドバイス

技術上の あなたはに特に注意を払う必要があります:

  • 冷蔵庫はほとんど沈黙を選択するのが最善です。
  • 結果として、前提が多くを得るため、抽出は、非常に強力でなければなりません。
  • スペースが許すならば、それは、ダイニングルームのソファやソファに配置することができます。

これは、全体的なスタイルから少し邪魔している小さくてカラフルなストローク、を試してみる必要があります。たとえば、ポストモダニズムのスタイルで、スタイリッシュなミラー、理想的と厳格なミニマリズムを希釈。これはほんの一のクリエイティブなオプションです。全体の多くがあるかもしれません。

キッチン・ダイニングルームのデザインオプション(ビデオ)

設計と基本的なオプション

作業領域の大きさを守ってください。それは、機能的で魅力の両方を持っている必要があります。すべてのメインゾーン、食品無駄な動きの準備が最小になるように配置することが望ましいです。そのため、修理作業領域は、結果として、それは巨大ではなかったように有効にしてください。

スタイル

  • ハイテク。 それは白、黒、金属銀や灰色な​​どの色を含みます。
  • クラシック。 すべてのキッチン家具は、木で作られています。すべての設計要素は、エレガントで美しい曲線を特徴としています。主な欠点 - きれいな家具が含まれていることがかなり難しいです。
  • アールデコ調。 幾何学的なエスニックパターン、三角形や円の形で積極的な空力機能装飾的な要素:このスタイルで、キッチンには、このような機能を備えています。
  • 現代。 これは、お互いと相互に互換性のある材料を使用します。このスタイルのクセ - ベンドを欠い在来線との単純なフォーム、。インテリアカラーは、独立して選択されます。
  • エコ。 このプロジェクトは、創造的なアプローチを意味します。これは、シャレーの要素を使用しています。主な特長:、家具、石や木の部分ミニマリストの大きな明るい窓、セラミック製の食器、植物の多く、多くのスペースのように。

クラシックなスタイルのための理想的なリビングルームとキッチン、ダイニングルーム、クラシックなスタイルのための理想的なリビングルームとキッチン、ダイニングルーム、ゾーン型スペースは、いくつかの分野で壁の設計を使用して特徴づけることができますゾーン型スペースは、いくつかの分野で壁の設計を使用して特徴づけることができます

ハイテクスタイルでキッチン・ダイニングルームは、ファッショナブルなデザインソリューションですハイテクスタイルでキッチン・ダイニングルームは、ファッショナブルなデザインソリューションです

二つの部屋を組み合わせることの利点

このキッチンがあり 多くの利点:

  • 部屋は軽くなります。
  • それらの近くにありながら、ゲストをお迎えすることが可能です。
  • 壁の不足による空きスペースがあります。
  • あなたは、大企業での時間を過ごすことができます。

デザインオプションキッチン・ダイニングルーム(動画)

結論

ダイニングエリア付きのオープンプランのキッチン用に設計された、それは異なる場合があります。主なもの - 同じスタイルでそれに耐えます。あなたは、そうでない場合は、新たな改装が失望しか持っていないだろう、それから逸脱することはできません。常に多くの問題を解決するための適切なアプローチを持つことのできるゾーニング、約覚えています。

例としてキッチン・ダイニングルーム(写真)