オーガンザは、薄い透明な材料は、2本のファイバをねじることによって、ビスコース、ポリエステル、又は絹に基づいて形成されますオーガンザはビスコース、ポリエステルやシルクに基づいて作られた透明薄膜材料である、2 volokonSrediにカーテンのすべての巨大な品揃えをねじることによって、長年にわたり、むしろ控えめなオーガンザは、主導的な地位を保持しています。彼女との伝統的なインテリアは説得力がある、と珍しいと非常に近代的で、特に良いオーガンザ。

この軽量の生地は、あなたが最終的な設計に影響を与え、事実上どのような状況を作ることができます。最も簡単な方法は、グラブを使用してこれを実行します。

カーテンオーガンザ:特長

一般オーガンザとは何ですか?それは、薄い透明の布と剛性が同時にあります。これは、一見ちぐはぐとオーガンジーの人気を確保し、この組み合わせです。シルク、ポリエステル、レーヨンからそれを産生する、ねじれオーガンザ2本のファイバとすることができます。

今日、道で、作りやイブニングドレス、衣装を示し、ギフト包装の様々な種類を含む、それから、カーテンオーガンザを作成するために使用されていないだけ。同じ刺繍を飾ることは容易である生地の良い機能は、オーガンザは、描画、飾り、写真印刷にも適用することができます。

ジェントル光沢のあるオーガンジー - ご自宅のインテリアにアクセントジェントル光沢のあるオーガンジー - ご自宅のインテリアにアクセント

あなたはオーガンザのカーテンを購入した場合、彼らは次の性質を持つことになります。

  1. 太陽は、オーガンザきらめく生地が優しく銀色の影を照らす美しい外部性を作成します。
  2. 高強度;
  3. 低sminaemost組織。
  4. 溶剤への抵抗。

今日オーガンジーのカーテンを見つけ、唯一のシルクに基づいて行われ、それは非常に困難です。価格に影響を与えポリエステル繊維製のカーテンのほとんどは - これははるかに安いオーガンザの費用がかかります。このポリエステルでは、合成繊維は、多くの利点があります。現代の技術は、光に不透明度と容量の両方を作成することが可能となります。

オーガンザは、多くの光を欠場し、内部に完璧にフィットオーガンザは、多くの光を欠場し、内部に完璧にフィット

オーガンジーの種類については、今ますますが見つかりました:

  • Zhatuyuオーガンザ;
  • スパッタリングとオーガンザ。
  • 虹色の遷移にオーガンザ。
  • オーガンザA-カメレオン。

もちろん、あなた自身オーガンザのカーテンを購入し、自分で縫うことができます。オーガンザカーテンは、原則として、縫製は非常に簡単です、安価です。

オーガンジーの軽量かつ透明カーテン(ビデオ)

マイルストーン:チュールオーガンザ自分の手を縫う方法

開始するには、オーガンジーの将来カーテンのデザインを選択するには、インターネット上で写真をパラパラめくります。そこに非常に気取らないオプションがあり、そしてlambrequinsであること、例えば、あります。ペリメット - カーテンはより尊大になる上に、装飾的なディテール、代表。

縫製のカーテンのためにあなたが必要となりますオーガンザ:ミシンを、彼女は、糸、はさみ、センチメートル、カーテンテープをオーガンザ。

縫製カーテンのプロセスは次のようになります。

  1. 将来の製品のデザインを定義した、あなたはブラインドのサイズを計算する必要があります。そして、それは意味 - 必要とされるどのくらいの生地を理解すること。チュールは、例えば、常にウィンドウの幅よりも大きい2、あるいは2年半の時間を取ります。あなたには、いくつかのために使用オーガンザの種類を検討し、半幅が十分です。
  2. カッティングエッジ - オーガンジーでの作業中にいくつかの困難があります。正確には、ほとんど不可能にします。そのため、エッジがはっきりSEAM 2〜4センチを忘れていないことを意味しており、さらに処理しています。カーテンの下部には、多くの場合、配管を縁取られました。
  3. (カーテンテープを使用している場合)ブラインド曲がりとprostrochiteの上部に。
  4. そして、pritachivaniyaカーテンテープ(カーテンテープを)行きます。テープを選択すると、ブラインドの重量とサイズに注意してください。長い重いカーテンが良く広いカーテンテープをフィットするために、しかし、彼女も2本のステッチを縫うが、少なくとも4なかったです。

きらめき、金や銀とオーガンザのオリジナルと魅力的な外観のカーテンは、メッキきらめき、金や銀とオーガンザのオリジナルと魅力的な外観のカーテンは、メッキ

この後、既製カーテンはアイロンがけする必要があり、そして、最終的には、仕事は準備ができている - 製品が棚の上に掛けることができます。

キッチンのカーテンオーガンザ:それらを飾るする方法

シンプルで美しいオーガンザカーテンが飾るために興味深い方法することができます。キュートでロマンチックな要素 - キッチンのために、あなたは羽の色を使用することができます。

私たちはこれらの花を作ることができるものから:

  • リボンやサテンサテン生地から。
  • ニット要素から。
  • 造花の。
  • ボタンの;
  • ビーズおよび/またはビーズ;
  • のを感じました。

前述された宝石のもう一つの作品 - ペリメットオーガンザ。これは、いくつかのセクションからなる単純な単一区間pelmetsや製品ことができます。ペリメットカーテンは、多くの場合、マジックテープで固定します。

室内空気に添付台所のオーガンザは、視覚的にそれを展開し、太陽光の侵入を防ぐことはできません。室内空気に添付台所のオーガンザは、視覚的にそれを展開し、太陽光の侵入を防ぐことはできません。

lambrequinオーガンザの縫製いくつかのニュアンス:

  1. 場合は、1つpelmetsセクション、織物幅 - 庇の長さ。
  2. 切断時に織物ウェブは45°の角度で保持されています。
  3. カット時の手当は、二つの一方のエッジセンチメートル、片側〜4センチメートルの裾に達するだろう。
  4. 金型針に布を取り付けてください。

もちろん、lambrequinsと、このようなカーテンが台所にいないだけであってもよいが、会場をアイブすることができます。

オーガンザの部屋で作られたカーテン:さまざまなインテリアスタイル

オーガンザの愛は、カーテンのための最良の材料として、ほぼすべてのインテリアスタイルに転送することができます。具体例に可能性を考えてみましょう。

異なるインテリアでオーガンザカーテン:

  • プロヴァンス. この場合、カーテン、壁の色、中性できるだけ透明であるべきです。
  • クラシック。 ノーブルな色合いとより、白ではない - しかし、ミルク、キャラメル、スモーキー。
  • 北欧の. スタイルのフロスティ新鮮さはちょうど冷ややかな寒ものの、耐久性などのカーテン、光を、強調します。
  • 近代的. 複雑な設計を行う必要がありませんが、カーテンがない簡単に以上の家具を、一致させる必要があることを忘れないでください。
  • 融合. しかし、ここではカーテンは、東洋のスタイルで、例えば、遠くの砂漠の蜃気楼を彷彿とさせる適切な、夕日の信じられないほどの美しさとシェヘラザードの物語。

オーガンザ - 常にその多様性を喜ば材料オーガンザ - 常にその多様性を喜ば材料

ほとんどすべてのスタイリッシュな気まぐれは、気取らないオーガンザを満たすことができます。そのために、それを愛し、そのためにすべての新しいバリエーションを使用します。

カーテンオーガンザ(動画)

ウィンドウのための洋服のお好みはオーガンザのカーテンに停止した場合、あなたは非難悪趣味にまたは古いなることを恐れてはなりません。これは、ウィンドウ・ソリューションのクラシックな内装で、そこに停止するには、特定の官能性と叙情と端正で洗練されたインテリアを形成します。

グッドチョイス!

オーガンザカーテン(写真)